人気ブログランキング |


タイの皆さんのホスピタリティに感謝です!


by 37tai37tai

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:研修会 ( 7 ) タグの人気記事

「水俣の再生」をタイで学んだ・・・

「水俣の再生:環境汚染の苦海から国際環境モデル都市へ」というシンポジウムが、チュラロンコーン大学であり出席しました。タイの東大ともいわれるチュラロンコーン大学は今年創立90年。創立100周年に向けて、どういう形で社会貢献できるかの1つのモデルとして大阪大学との交流の中から、タイの環境汚染・公害問題に解決の糸口を探りたい旨説明がありました。

講師として阪大の草郷先生、吉井正澄もと水俣市長、吉本哲郎・地元学主宰者http://www.ruralnet.or.jp/syutyo/2001/200104.htm
、沼田悦子水俣ごみ減量女性連絡会議の四方。

このうち吉本さんは農文協の現代農業などで度々その考えを読んだことのある方。よもや、異国タイの地で直接にお話が伺えるとは思っても見なかったこと。氏の提唱されている「地元学」は、まさに「わっくん」や私が、常日頃当たり前に家の周りでやっていることそのもの。でも、きちんと整理立てて話されると、インパクトがありました。
f0148649_235391.jpg

水俣病についてのお話もありました。
f0148649_2361347.jpg

吉本さんの地元学のひとコマ。
f0148649_237202.jpg

通訳はムーさん。大学の先生方からの難しい質問なども難なく訳されていました。凄いなー!

CPDのポン女史も出席されており熱心にメモを取っておられました。

質問の中に、タイの工業団地付近には、水俣病そっくりの病気が出ていることをいう人がいました。また、カレン族開発センターの方からもカーンチャナブリでも公害が出ている旨の報告。
回答者からは水俣の50年前の事例と酷似していると感じた旨の話もありました。

最後に、公害の先進国日本から後輩のタイにいろんなアドバイスを!ということで閉会。

有意義なシンポジウムでした。水俣病は私と同世代。私も偏見を持っていた1人。今、水俣が環境都市として生まれ変わっていることをはじめて知りました。福山からも議会等が視察に行っているのでしょうが、何にも変わりませんよね、何してるんでしょうかね、あの人達は?

ところで、シンポジウムの会場まで、苦労してたどり着きました。事前にムーさんからタイ語で会場、会館、学部名などを書いたメモをもらっており、道行く人に見せれば指差しでたどり着ける筈だったのですが、そうシナリオ通りには行かないもので。

地下鉄のシーロム駅を降りたら、いかにも才媛らしいお嬢さんが前を歩いている(制服はビラワンさんの姪っ子さんので知っている)ので、後を付いて行く。大学の正門を入るので続いて入る。どうも違うようだと思いつつ、何箇所でもメモを出す。でも不幸なことに皆タイ語。あっちへ行けこっちへ行けと言われながらぐるぐる。どうも「出て行け」(アウトサイド)といっているような気がして、公道へ出て、また片っ端から人を捕まえて尋ねる。違う門を指差される。今後は雰囲気がよいキャンパスのようだ。またそこら中で聞く。さすがに英語を話すお嬢さんに出会え、入り口迄たどり着く。この間50分、しっかり冒険しました。
f0148649_23344186.jpg

後で地図を見たら、最初に入ったところはチュラロンコーン大学医学部と大学病院の敷地だったようだ。どうりで、雰囲気が悪く感じられた。じゃあ私が道を聞いたのは皆ドクターの卵かい?

まあ兎にも角にも苦労して行った甲斐はありましたので笑い話にしておきましょう!

帰りも体調もよく気分も絶好調なので、地下鉄シリキットコンベンションセンター駅で降り、公園のほとりをセンターポイント目指して歩きました。
f0148649_23421995.jpg

私の部屋はこのビルの中ほどくらい(15階だがホントは13階あたり?)

裏道を通ってセンターポイントへ帰り着いたら、守衛さんが驚いた顔で「ローン?」(暑いだろう?)と迎えてくれました。いつもの笑顔です。
f0148649_23462784.jpg


さて今日から自炊開始です。昼・夜で2合食べちゃいました(食べすぎ?)
ちゃーんと、ご飯に野菜炒めで夕食です。(ビール無し)
f0148649_2349957.jpg

by 37tai37tai | 2008-02-15 23:50 | タイ徒然

また会う日まで

第1回目の研修会は、今日土曜日の13時に無事全日程が終わりました。皆さんお疲れ様でした。タイのCPDトレーニングセンターのスタッフの皆さんにも感謝です。

研修会場に居ると、一緒に写真に写ってくれと、まるでスターになった気分です。全部が全部自分のカメラに収めていませんが、相当写してもらいました。

県の名前と顔をすぐに忘れるので備忘的にこのブログに書き留めておきます。
f0148649_0552379.jpg

トラート県の人。バティックつながり。
f0148649_0564656.jpg

サケーオ県の農協の人。無農薬野菜生産グループらしい。
f0148649_0583377.jpg

後ろの席、サムットサコーン県の人。農協の人はJA河浦へ9ヶ月派遣で滞在したことがあるとかで、日本語が話せる人。
f0148649_112598.jpg

ソンクラー県の人。前のほうの席で私の話を真面目に聞いてくれていたオバちゃんと一緒に。
f0148649_133290.jpg

帰り支度をした南部の県の人。この男の人たちとはタバコのプレゼントで仲良し?になった。
f0148649_152016.jpg

コンケーンの研修センターの人。次には一緒にゴルフに行こうと誘われた・・・!
by 37tai37tai | 2008-02-03 01:07 | タイ徒然

今日の立役者は

2回目のプレゼンもやっとこさのことで終わりましたよ・・・
前回、誤翻訳から書いてあることが分かりにくいとの苦情を貰っていたが、カウンターパートナーのコラコットさんと通訳のムーさんが熱意を持って正しいタイ語に置き換えてくださり、そこから来る苦情はなくなった。土壇場で一矢を報いることが出来た訳だ。お二人さんありがとうございました。
f0148649_23474742.jpg


はぁ・・・疲れました。今日はもう寝ます。
by 37tai37tai | 2008-02-01 23:51 | タイ徒然

気になる人

研修会も4日目。第1班として来た「北部」「東北部」を中心とした40県の人は研修を終え、帰って行き、今は、昨日から来ている「中部」「南部」37県の人たちが受講中。

研修期間の間、ものすごく気になる人が居た。
f0148649_20575435.jpg

私がプレゼンをしている時、正面の一番前の席に座り、なおかつ、録音機を私のマイクのそばに置き、すごーく真面目に聞いてくれていた人だ。身なりもキチンとしていて、年齢も少し行って落ち着いている。メーホーンソン県の農協の人だとわかった。話を聞くか、せめてアンケートの感想を見たいと思った。

が、昨夜、アンケート集計をしてみると、秘書のノンさんと出席県別にチェックした中にないのだ。どうして出してくれないのか、とても気になり、今朝一番で、通訳さんを通して聞いてもらった。答えは「出しましたよ!」エーッ!

ふたたびノンさんにその旨伝えると、調べてみるとのこと。そして、しばらく経って「あった!」という知らせ。まったくぅ、よりによって、何で、その人のが1枚だけ他へ紛れ込んでいたのだろう?
いっそう印象が強く残った。早速、アンケート内容を見ると、私の拙い説明がよく分かり今後役に立つと答えてくれているではないか。社交辞令でも嬉しい。

メーホーンソン県はタイではチェンライ県と並ぶ最北の県で西はミャンマーという所。ますますもって興味あり。

次は、私のプレゼンに熱心に質問してくれた人が居た。この人も農協の人。ターク県というここも西隣がミャンマーという所。メーホーンソン県の南の県だ。この方が私の家の近くのトタン屋根住宅の点在する写真を見て「私の地方と同じような田舎に住んでいるのか」という。「そうだ」旨答えたところ、ターク県を紹介した宣伝DVDをやろうという。帰宅して見てみたら、ちょっとはウチのほうが勝っているように思えた。

この人も、愛想のよいオニイチャンだった。写真はDVDの画面。
f0148649_21275653.jpg


もう一人、研修のあいだ中、用紙を配ったり、パソコントラブルに対処したりとコマゴマに動いていたランパン県のniranくん。タイ変お世話になりました。去年の8月終わりの研修会がランパン県で開催された時にもお世話になった人だ。なかなか名前が覚えられなくて、今日やっと手帳へメモすることでわかりました。「ゆみさん、とても若くてキレイな人」と今日も言っていました。なかなかの、ナイスガイ。自分のことは棚に上げ「あなたは若いのだからもっと英語を勉強すべきだ」とカ・タ・コ・トで話しましたが、伝わったかしら?
f0148649_21421064.jpg

ついでにもう1枚、ムーさんに、翻訳本へのサインをもらっているniranくん。
f0148649_21443140.jpg


さて、明日はまたプレゼンの日だ。今日、タイ語訳の変な箇所をCPの方と直す作業をした。考えてみれば、日本の農協固有の用語「購買手数料」や「奉仕性比率」など、訳せんよねぇ。当たり前に使った私が悪い。でも、CPから、絶対説明してくれ、と言われ、怪我の功名???

明日の天気はどうかしら?バンコクの夕焼け、18時頃。
f0148649_21504334.jpg

明日からは、もう2月らしいですね。ここにいると、いつも8月の気分だけど。
by 37tai37tai | 2008-01-31 21:58 | タイ徒然

地獄に仏

プレゼン終わりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも、もう1回金曜日にあります。
f0148649_22444699.jpg

これは嬉しかった1コマです。
私が一番遅く、プレゼン原稿を提出したのが金曜日、それから翻訳、印刷とぎりぎりでレジュメが出来上がり、それでプレゼンをしました。プレゼンが終わりになった頃、私のカウンターパートーナーであるコラコット氏がみんなの前に進み出て、「タイ語訳に間違いが多かったことについて、カウンターパートナーとして皆さんにお詫びいたします」と言ってくれたのだった。

申し訳ない気持ちと、私の原稿が遅かったばっかりに・・・と深く反省。

明日細部の見直しをして、明後日に備えます。

それにしても頼りになるCPだ。
去年、こんな経験が出来ず、独り旅だったので、今回のこの助っ人の出現はありがたい。

さあ、これからアンケートの集計だ。終わったという単なるマスターベーションだけで終わらせないためにも、自分の手でアンケートの答えをまとめるのは緊張する。果たして、北部、東北部のみなさん、どう感じてくれただろうか!

ところでタイ人の気質について、こんな伝え方をしている新聞がありました。http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=4400

とんでもない話ですよね!
by 37tai37tai | 2008-01-30 23:07 | タイ徒然

研修会スタート

いよいよ今年度の研修会がスタートした。前半は北部、東北部から、グループ、農協、CPDの3人1組で約120名が集まってきている。中には去年、地方を訪問したときに面識が出来た皆さんもチラホラ。たとえばランパーンのCPDスタッフの若くて歌の上手いオニイチャン。彼いわく「YUMIさんは?」「Next Time She g0 to Thailand」と伝えておきました、よ。
f0148649_0852100.jpg

運営スタッフはこの方々、またお世話になります。
f0148649_0205433.jpg

f0148649_0101912.jpg

研修会恒例のグループ産品の販売コーナー。ハーブボールを見つけたTさん、お買い求めー!まいどありー!
さて、鼻づまり状態依然続く。今日発見したことだが、日本訪問団の団長を務められるウィラワンさん、彼女も声が枯れている。寒い日本へ向かわれる彼女のほうが事情は深刻だろう。
by 37tai37tai | 2008-01-29 00:19 | タイ徒然

パタヤ4日間研修修了

23から26日までの4日間実施された研修会が無事終わり、夕方バンコクへと帰って参りました。片道、車で3時間、ノンストップ。タイでお腹でも壊したら大変なので健康管理に用心中。でも、動かない所為か、ウエスト周りが気にかかり始めた。絶対太ってる!!

さて研修会はタイ国内全県から、代表1グループと地元の協同組合、さらに国の出先機関の3人1組で集まられ総数220余人。皆さん熱心で、4日間通して観察するに眠っている人は一人もいませんでした。
f0148649_2347229.jpg


2日目の朝に行われた開講式には国の相当偉い要人が見えられ、ご挨拶されましたが、あいにくと、一体どなた様が何を言われたのかは、現段階では分かっていません。写真はその時演台の袖の方へ座ったプロジェクトのメンバー、プラスCPDの幹部、プラス通訳さんです。
f0148649_23533231.jpg


会場となったホテルは、リゾートホテルで、プールも2ヶ所、宿泊場所はコテージ、バカンス利用なのか外国人(西洋人)の家族連れの姿も多かったです。
f0148649_2358543.jpg


コテージは木立に囲まれ、樹を見上げるとリスの姿も見ることができました。鳥のさえずりも切れることなく続いていて、私にとっては心安らぐ場所でした。でも、どうしてなのかは分かりませんが、敷地の端にあった私の小屋の前には、警備員が一晩中起きて警備していました。テロ対策なのでしょうかねえ?

ということで、今日は「研修会の様子・真面目編」をお届けしました。
by 37tai37tai | 2007-07-27 00:08

カテゴリ

全体
山南いしもと農園
WinWin
活動です!
タイ徒然
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

お気に入りブログ

瀬戸内の小さな酒屋のいら...
備後ふるさと保命タウン(...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧