タイの皆さんのホスピタリティに感謝です!


by 37tai37tai

プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

農園の今・・・10月30日

久し振りに休みが取れました。
老親たちは姉と一緒に1泊2日の小旅行に出かけました。
それならば、ということで、お百姓仕事です。

農園が今どんな具合か見たい気持ちも持って、軽トラに肥料を積んだり、のこや鎌を積んだり、草刈り機も積んでブドウ園へ上がりました。
途中、栗の木の下や藁を置いている場所など、イノシシが大悪さをしていました。

ブドウ園に肥料を撒こうかと思いましたが、草ボウボウなので先ずは刈ることにしました。
園内にはビニール紐などが捨ててあり、刃に巻き付いて大変な作業です。
f0148649_13261618.jpg

どこを刈ったか分からないくらいの、草刈り痕です。

農園のあっちこっちを見回すと、熟れた「富有柿」
f0148649_13283888.jpg

色付いた「オリーブ」
f0148649_1329178.jpg

花の咲いた「お茶の木」
f0148649_13301798.jpg

などが、ありました。
何にも手をかけないのに、よく育つものですね。
[PR]
by 37tai37tai | 2010-10-30 13:31 | 山南いしもと農園

タイからのお客様-番外編

10月2日(土)午前7時に彼女達の泊まっているホテルへ急行しました。
丁度チェックアウトをしてロビーにいました。
私の姿を見るやいなや、オーッと目をまん丸にしました。
今日はもう送らないことにしていたからです。
そして私は仕事なので、ビシッとしたスーツネクタイ姿ですし。
こんな私を見たことないでしょうから、ね。

1日に帰宅して朝までに、私の撮った写真を何枚かプリントアウト。
ファイルしてプレゼントしようと思ったのです。

こんな内容です。
f0148649_18485264.jpg

表紙です。
ピーチさんがイラストを書いてプレゼントしてくれたものを写したものです。
f0148649_18502536.jpg

f0148649_18504934.jpg

f0148649_18511336.jpg

他愛もないものばかりですが、8月27日に東京へ集まった時の写真や、私の孫の写真も入れておきました。

ザーッと見たヴィラワンさん、とっても喜んでくださいましたよ!
荷物になって悪いなあ、と思ったのですが、まぁいいか!
[PR]
by 37tai37tai | 2010-10-03 18:54 | タイ徒然

タイからのお客様その4

10月1日
次の訪問地は、せら夢公園。遠足等にも使える多目的広場、グラウンドゴルフ場などのある芝生広場、展望広場、自然観察園、さらに世羅ワイナリー、レストラン、市場ショップなどを備えた県民公園です。世羅町黒淵というところにあります。まだ新しい施設でとっても綺麗です。

ここで、エスコーター岡本さんが仕掛けたサプライズは、昼食に「玉子かけご飯」です。
食べれるかどうかを聞いてもらったら、ピーチさんは生と聞いただけで駄目、他の3人は食べたことがないから食べてみる、ということになりました。
f0148649_17535463.jpg

ところがところが、美味しい美味しいの連発で、一粒残らずキレイに食べました。
もちろん醤油だけでは物足らないのか、七味をガバッと入れていましたがね。
タイでは新鮮な玉子が入手しにくいこと、そして、熱い炊き立てのご飯が少ないので、日本だけでのお楽しみかもしれませんね。

その後、梨の選果場を見学させていただきました。センサーでチェックしていたり、ベルトコンベアーの流れ作業、珍しかったと思います。
f0148649_1804283.jpg


次は、広大なハウスで作られているトマト、ヤサイの、野菜工場群も外観だけですが見に行きました。
ものすごく巨大なハウスなのに、人の姿が見当たりません。
従業員は中国からの研修生とのこと・・・、まぁ、ここならイノシシ被害もないでしょうね。
その次は、岡本さんのご専門の、アスパラ畑。
ハウスの中で新鮮なアスパラを食べさせていただき感激されていました。
f0148649_1861823.jpg

この農家のご主人に、昔お世話になったJAの女性総務部長の消息を尋ねたら、なんと、「ウチの女房じゃ!」と言われ、今度は、私が驚きました。ホントに、悪いことはできませんね・・・。でも、お元気なことが分かり何よりです。

世羅で、Sさん、岡本さんと別れ、タイの方4人と私は、一路、福山を目指しました。
今度こそ、会話は絶不調です。みな睡眠をとってくれればいいものを、背中に視線を感じます。
仕方がないので、1曲披露・・・またしても詩吟「君死にたもう事なかれ!」です。
タイに行っていた時、日本人に歌う曲がなくて、私が詩吟を歌おうかとKさんに相談したら、「場がしらけるから止めて!」と言われ、私も、詩吟を唸った時タイの方はどんな反応をするか、3年越しで気にしていたのです。

題名も、詩の内容も伝えることは出来なかったけど、拍手喝采と「5バーツコイン」をいただきましたよ(笑)。
格好より、気持ちなんでしょうね、交流って!

福山では、パーパイタイへ引っ張っていきました。
昨日の夕食もタイ料理、今日の夕食もタイ料理ではよくないことは分かっていますが、パーパイタイは私の友人の経営するお店で、私もよく利用させていただいているし、そして何よりも、通訳できるタイ人スタッフがいるのです。

3日間の行程を終えるにあたって、辛い思いをさせたのではないかとか、行き届かない点はなかったかとか、最後にどうしても知っておきたかったのです。不満が何も無かったようで安心しました。
f0148649_18271545.jpg

f0148649_18275345.jpg

右の彼女は、タイの大学卒の会計士だという紹介があり、みなさん「オーォッ!」と歓声を上げていました。
私の地元にはこんないいお店があって、タイ好きの私としては大満足です。
私のタイの友人たちをこのお店にご案内することが出来て、よかった!と思いました。

懐かしい友人たちと、3日間旅が出来、とても楽しかったです。ありがとう。
いつかタイに行きますからその節にはよろしく!
明日以降も、無事に旅を続けるんだよ!

と私の気持ちを、通訳していただきバイバイしました。
コップンカップ!
[PR]
by 37tai37tai | 2010-10-03 18:34 | タイ徒然

タイからのお客様その3

10月1日(金)今日はいい天気になりました。
ビューホテルセイザンのオーナー夫人に、タイのお客様の体調不調者は居ないか旨聞いていただきました。
また、朝になって急に思いついた尾道のお寺巡りの興味について聞いていただくと、「どちらでもいいからお任せします!」。では、ということで、千光寺の展望台だけ行ったあと、一路世羅町を目指しました。
ホテルの皆様、ありがとうございました。
私も、ズーっと尾道水道を行き交う渡船や、蟻のように見える自転車通学の学生さんを見ていました。
尾道は自宅から近いので、多分、泊まることは最初で最後だろうな?何て思っていました。
「てっぱん」が始まった週に、尾道にドップリ浸れていい思い出になりました。
f0148649_17133974.jpg

最初の訪問地は甲山いきいき村です。
f0148649_17151220.jpg

今日は、タイに5年間仕事の為住んでおられた世羅町在住の、Sさんを通訳にお願いしました。
お願いしたといっても、知り合いの知り合いというご縁を頼っての、無理強いです。
同乗していただき、道々皆さんと会話されていましたが、とっても和やかで、笑いが絶えず、Sさんのお人柄に感謝です。ヘビースモーカーの為、窮屈な思いをさせて申し訳ありませんでした。

次の訪問地は岡田牧場。アイスクリームの美味しい牧場です。
わっくんのウコンアイスもこちらで作っていただいていると聞いたことがあり一度来て見たかった所で、私も感激でした。
f0148649_17222594.jpg

右側の岡本さんは、日本人です、念のため。
f0148649_17235289.jpg

馬に餌やりもしました。
ちなみに、タイ語で馬は「マー」です。
日本ではウマ、タイでは、マー・・・似ているって?

3番目の訪問地は、ダリア祭りが開かれていた、旧名「旭鷹(きょくほう)農園」。
ダリアの花のことは今まで全く知りませんでしたが、すごく沢山の種類があることを知りびっくり。
大輪から小輪まで、色もさまざま・・・きれいでした。
タイの皆さんもすごく気に入られて時間が経つのを忘れるくらい楽しみました。
f0148649_17305297.jpg

まるで北海道のような感じでしょう?
ラベンダーの花も綺麗でしたよ!

見終えて、影で休んでおられたオジサン達と話をしていたところ、その中のお1人の、背筋がピーンとした紳士が「貴方には何処かで会った事がある。」と言われ、突然なことで驚きました。
昔、私が講義をしたことがある「JAの監事」さんでした。10年くらい前のことですがね。
その方から「貴方は他人から覚えて貰いやすい体型やお顔立ちをされている!」と言われちょっと嬉しくなりました。センキョ出ようかな?ハハハ!
(続く)
[PR]
by 37tai37tai | 2010-10-03 17:39 | タイ徒然

タイからのお客様その2

9月30日(水)は朝から雨でした。
高台の民宿「のうみん」からの景色も、もやに消されていました。
本来なら宇和島港やその先にある島々が見えるそうですが、もやの中でした。
でも、タイの皆さん、朝のウォークに出発です。
タイでは傘をさすことがない(スコールの時には建物か車の中で止むのを待つ?)ので面白がっていました。
f0148649_16224914.jpg

民宿を後にし、由美さんの働く「パン工房みなみ」へ行きました。
ここは、「うわじま・きさいや広場」という、道の駅?or海の駅?。
宝くじ売り場や真珠館まである、そこへ行けば何でもあります的存在の建物です。

由美さんたちが作るパンは「コメ粉パン」です。
いろいろなパンが作られ、売られていました。
f0148649_1629617.jpg

タイの皆さんも早速パン作り体験に挑戦です。
f0148649_16301114.jpg

私はここで食べた「クロワッサン」が大いに気に入りました。
家族へのお土産もクロワッサン2000円分買い込みました。
「固くなってもコメ粉だからレンジでチン!で、いつまでも美味しいんよ!」と由美さんの弁。
本当に美味しいです、近ければいつでも行けるのですがね!

昼食は、内子の道の駅「フレッシュパークからり」です。
ここには特産の栗が沢山売られていました。
毎年のように、ここへは来ていますが、栗の値段は例年とあんまり違わないように思いました。
我が家の畑はさっぱりですが、こちらでは、大きな栗が沢山出ていました。
f0148649_16372495.jpg


ずっと雨で、傘もなく、行くところもないので、真っ直ぐに尾道の宿へ向かいました。
途中、トイレ休憩として、JA越智今治のファーマーズマーケットへ立ち寄りました。ここも大規模な施設です。
大きすぎて、タイの皆さんには参考にならなかったかも?

30日の宿は、尾道千光寺山頂にある、ビューホテルセイザン。
眼下の尾道水道の夜景は百万ドルの夜景ならぬ百万バーツの夜景なのです。
丁度、NHKの朝ドラ「てっぱん」の舞台も尾道だし、ウケ狙いでココにしたのかといわれると、そうではありません。

このホテルのオーナーの奥様がタイの人なので、ここでも通訳をしてもらおうと思ったわけです。
タイの人には珍しくないタイ料理だったと思いますが、私にとっては、嬉しいタイ料理でした。
岡本さんも、タイの思い出の写真を持って泊まられ、懐かしい話題で盛り上がりました。
もちろん、オーナー夫人に色々通訳していただきましたし、彼女も沢山会話をされていました。
なかなか話の内容を教えてくれないのでよく分かりませんが、早口でしゃべっていました、よ。

夕食後、時差2時間を見計らって、タイへ電話をされていました。
その中のひとり、CPD退職後チェンマイで農場経営をされている、ポンティアップ女史のもとへも。
「アラー!」が口癖のポン女史、久し振りに、お元気そうな声を聞くことが出来ました。
f0148649_16561785.jpg

[PR]
by 37tai37tai | 2010-10-03 16:56 | タイ徒然

タイからのお客様その1

9月29日から10月1日まで、タイからお客様が来られました。3~4年前、JICAのお仕事でタイに行っていた時に、タイ国側の仕事の上でのカウンターパートナー部門のスタッフとして色々ご案内いただいた皆さんです。日本でいえば「農水省」のお役人さんたちです。
ヴィラワンさんとピーチさん
f0148649_15261978.jpg

ラティアさんとウォラマートさん
f0148649_1527753.jpg

今回の訪日は、プライベート、日本の秋を楽しむ旅行だそうです。
ヴィラワンさんの6度目の訪日を始め、皆さん数度日本に来たことのある親日派です。
今回も、広島から岩手県花巻まで行ったり来たり、伊勢や宮島や日光や仙台松島なども行かれるそうです。
どうしてそんなに身軽に?と思って聞いてみると「外国人専用JRパス」というものを持っていて、楽に行き来できるとのこと。
f0148649_15425562.jpg


9月29日に名古屋セントレア空港に着いた皆さん。そこから、新幹線で福山へ来られました。
お城のすぐそばにある福山城を見学させてあげればよかったかなぁ・・・と悔やまれますが、先を急ぐ旅だったので、一路、しまなみ街道を渡って、宇和島へ行きました。

宇和島では3年ぶりの再会の、由美さんがヴィラワンさん達を待ってくれていました。
片言のお互いつたない英会話にもどかしさを覚えながらも、気持ちは伝わっていました。
夕食は由美さんがお世話してくれた「一心」というお店で、活きのいい刺身やしゃぶしゃぶを美味しくいただきました。たしか、しゃぶしゃぶはタイ・プロンポンのエンポリアムのお店でよく食べていたし、タイ人も沢山来られていたので、その辺、由美さん意識されたのでしょうね。
f0148649_1612069.jpg

料理もさることながら、本場のマンゴーも絶品でした。
ホオが落ちたかと思いました。

その後、宇和島のお宿、農家民宿「のうみん」へ。
ここは色々な農作業やクラフト体験メニューのある民宿です。
宇和島市街地からものの10分なのに、別世界のような田舎に建っています。
素晴らしい景色、美味しい空気、静かさが売りです。

その農家民宿へ、タイ語の達者なHさんに来ていただき、沢山通訳をしていただきました。
タイの方たちもざっくばらんに会話を楽しまれていたようでHさんには感謝です。
肝心の由美さんも長年の疑問符をタイの方々にぶつけて、明快な回答を聞けて、胸のツカエが取れたようでした。その意味からも、宇和島訪問は良かったと思っています。
f0148649_1695819.jpg


私も、皆さんが休まれた後、Hさん、民宿のMさん夫妻と、焼酎を飲みながら12時過ぎまで、世の中の話題でじっくり会話が出来て有意義でした。ありがとうございました。
[PR]
by 37tai37tai | 2010-10-03 16:12 | タイ徒然

カテゴリ

全体
山南いしもと農園
WinWin
活動です!
タイ徒然
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

お気に入りブログ

瀬戸内の小さな酒屋のいら...
備後ふるさと保命タウン(...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧