タイの皆さんのホスピタリティに感謝です!


by 37tai37tai

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タイの味に触れた・・・

昨日のお昼は、我が家の女性陣がお出かけとなったので、東京から帰省中の弟の昼食は私が作ることになった。とはいえ、ご飯もおかずも作り置きしてあったのだが、プラス1品ということで、ラーメン、それもタイのラーメンを作ることにした。

タイから買って帰っていたラーメンです。
f0148649_7359.jpg

大変食べ応えあるものでした。とにかく辛い。麺は春雨ふう。
でも、懐かしい味でした。タイでは当たり前に食っていたのに、日本に帰ると、胃が驚く辛さに感じます。

夜、昔選挙で大変お世話になった方の送別会へ参加させていただきました。
この日のメインは「ちげ鍋」
鍋の色が赤く美味しそう、です。
f0148649_7125121.jpg
f0148649_713644.jpg

参加者みな満足。
鍋の後には、ラーメン麺を入れて、最後の最後まで楽しみました。

今日は、辛いものデー。

何となくタイを思い出す1日の食事でした。
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-29 07:18

テツさんはタイへ出発、私は愛媛へ

由美さんのお義父さんが譲ってくださることになった発動機と動噴を受け取る為に愛媛県の待ち合わせ場所、伊予灘SAへ出かけました。
沼隈、松永、しまなみ海道を通って四国へ渡りました。とってもよい天気で瀬戸内海の島々、青い海、穏やかな海面そしてかすかに見える石鎚山をはじめとする四国山脈、と絶好のドライブ日和でした。
f0148649_2112945.jpg

来島(くるしま)海峡にかかる橋です。
f0148649_213384.jpg

しまなみ海道を走行中です。車の数も少なく、瀬戸内海に3本の橋が要ったのか考えさせられながら運転していました。通行料収入では工事費の元は取れないでしょうね・・・今、金属の値段が高いので、壊してスクラップで売るとか(笑)、そんな訳ないか!

尾道市のしまなみ道の起点から約2時間で、松山市の南にある「伊予灘SA」へ到着しました。
ここの駐車場で重い重い発動機一式を車から車へ移しました。お手伝いいただいた立っちゃんありがとう!由美さん、お土産沢山ありがとう!

テツさんは今日花巻のご自宅を出られ成田付近に前泊され明日タイへ飛び立たれる。由美さんと、「大変だろうけど頑張って貰いたいね!」などと話した所です。
f0148649_21183117.jpg

今日は月曜日なので、タイ国王様を崇拝する黄シャツを着用してみました。
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-21 21:21

お誕生日会・・・タケノコ尽くし

4月19日のオヤジ殿とムコ殿の合同お誕生日会の、私の好きなタケノコ料理をご紹介します。
(何でアンタの好きな料理が誕生日会に出るの?って、まあまあ・・・、季節ですから。)

4月17日に芽は多少緑色になったタケノコを掘りあげました。世間一般では、硬いといわれるランクです。コンテナの短い方の幅いっぱいの、お尻のでっかいずんぐりした大物です。
f0148649_2115290.jpg

掘ってすぐに湯煮をし、ヌカを落とした後、水切りをしているものです。ひときわ大きく、かつ、根っ子の赤いプツプツを残したままです。私はそこ(底?)が好きなのです。
f0148649_2155438.jpg

料理をする連れ合いに「とにかく厚切りにして肉厚なタケノコを食べたい」とリクエスト。
出来た料理がこれ、「おでん風煮込み」です。
f0148649_2191382.jpg

肉厚なタケノコ
f0148649_220863.jpg

イヤー美味しいのナンノ!決していやらしい硬さで無く、豚の角煮の素材がタケノコという感じ(イメージ湧きませんか?)。ガンジガンジと歯ごたえを感じながら味わいました。サイコー!

タケノコの根っ子にある赤いプチプチを出荷時に除去させられますが、本当はあそこが美味しいのだけれどなぁと、いつも思っています。まあ仕方ないですよね、消費者のニーズなのでしょうから。

ついでに、他のタケノコ料理も紹介します。
この時期、定番の「馬面ハゲの煮付けと煮汁で炊いたタケノコ」どちらも旬のものです。
f0148649_2295462.jpg

若者に特に受けました(私たちの世代も含めて)「タケノコの明太子マヨネーズ和え」
f0148649_2314014.jpg


タケノコ尽くしの料理に大満足のワタシです。(アンタの誕生日でもないのになんねえ!という皆様、まあまあオサエテおさえて。皆オイシイと言ってましたしーぃ。)

最後にタイに関連付け?ということでもありませんが、姉が和服の古着で作った「巾着袋」です。
誕生日のプレゼントということでムコ殿に持ってきてくれました。タイでも沢山巾着袋を見ましたが、日本の和服地のものも手触り感がいいですね。日本でも素人芸でここまで作れるということは、タイから雑貨で輸入する場合、少し特徴あるものが必要、ということになりましょうかね?
f0148649_2422164.jpg

[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-20 02:43

ワット・アルン(暁の寺)?

どうです、ワット・アルンに似ているでしょう!
f0148649_6144682.jpg

それとも、ワット・プラ・ケオ?でも金色に輝いてはいませんので違うか!

我が家の竹の子の湯煮は、羽釜に限りなくいっぱい詰め込みたいので、皮を剥いだものを入れます。皮があったほうが味がよく染み込んで、と料理の本には書いてありますが,それはガスコンロの上で手際よく湯がく時の簡便法だ、と気にしていません。

タイは暑くなっているようですね。
タイのブログによれば、最高気温37℃最低気温29℃となっていて、時折雨もあるようです。
私が過ごした1,2月の33℃ー25℃、雨無しというのはそれから比べると極楽ですね。
だからこそ、56日間の滞在期間中に6回も快適なゴルフが出来たのでしょうね。(今までこのブログで公表していた回数は5回だったが、もう1回隠していました。笑)

さて日本では俳句の季語にもなっている、まさに「山笑う」季節になってきました。間近に見える山の黄緑色のボリュームが日を追って大きくなっていくようです。
f0148649_6293481.jpg


私は毎日竹の子との縁が切れません。やぶに行くとこんなものも出ています。
f0148649_631966.jpg

本名:イタドリ、別名:すっぽん、あだ名:たじんこ、です!
この辺りでは口にして、ペッ!スイィーと投げ捨てるだけのものですが,全国各地にはこれを加工品にして販売しているところもあります。

その中の1つ、岐阜県にあるその名も板取村(現在はどこかと合併している筈)ではこれの加工が盛んに行われていました。私の友人がいるので昔訪ねたことがあるのです。

竹の子を湯がいてアク抜きをするのに必需品として「ヌカ」があります。今では,コイン精米所のヌカを誰でも貰える仕組みが一般的ですが,この時期になると、一斉に貰いに走るので、なかなか入手困難なのです。また、有機堆肥作りにも欠かせませんので、意外に手に入らないのです、この辺りでは。(もちろんタダで貰おうとするので・・・)

昨日14日偶然にも、松永から帰りに某所でゲットできました。何だかとっても嬉しくなりました。車に「ヌカ集めグッズ」を準備していてよかったです,役に立ちました!
f0148649_6453635.jpg


ということで,何の変哲も無い春の陽気の中で、幸せ探し遊びをしています。
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-15 06:47

書庫を片付けていたら

先日書庫を片付けていたら、焼こうと手にしたスクラップ記事の中にこんなものがあった。

2004年9月17日の日本農業新聞。
私がスクラップとして保存したかったのは、「食料自給率目標の見直し」という記事だったように思う。当時、秘書をやっていて、農業政策について一生懸命研究していた頃だったような気がする。

今回、気がついたのは、その隣に大きく載っている「全中会長がタイ首相へ書簡」というもの。

要約すれば,こう着状態に陥った日タイ経済連携協定(EPA)交渉を再起動するよう、宮田会長がタクシン首相に書簡を送ったという内容。

同年4月にタイを訪問し総理府で同首相に日本の農業者の置かれている厳しい実態を訴え,米、甘味資源作物など重要品目に特別な配慮を求めたところ,同首相から「お互いの農業が攻め合わないことがきわめて重要だ」との見解を得た。

タイ農業・協同組合省高官は本紙(日本農業新聞)記者の取材に「短期的な利益よりも、長期的な友好関係のほうが相互の農業者の為になる。」と柔軟な対応を示した。

・・・・・・・・・・・・

なーんだ、そういうことだったのか!
こんな交渉ごとから、タイ農業協同組合コミュニティリーダー育成プロジェクトはうまれたのか。

それよりも何よりも、私は今回初めて気がついた。
CPDはタイ農業協同組合省ではなくて、タイ農業・協同組合省だったのか!
それで、公務員で作る貯金協同組合やトゥクトゥク運転者で作る協同組合をCPDが指導していたのか、と。

ハハハハハ、気づくのが遅いって!
これでは、タイの農協も救われんよな、だって、親身に指導してくれる親機関がないに等しいんだもんな。連合会にヤキを入れないと、農協は溶けてしまうだろうな・・・。

もしかして、タイ農業協同組合コミュニティリーダー育成プロジェクトは、タイ農業・協同組合コミュニティリーダー育成プロジェクトが正しい訳ではないのかな???まぁええか!
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-13 18:37

行った者が勝ち!

岩手県花巻市に住む怪人「テツさん」に、タイから招待状が届いたとご自身のブログに紹介してある。http://yaplog.jp/rinngo0404/

4月22日から3度目の渡タイらしい。今回は50日間の滞在で15県を回るスケジュールだとか。

そのことだけ聞けば羨ましい思いがある。ピザヌローク行きたいなあ。ウォン氏に会いたいなあ・・・!彼、元気でギター引いているかなぁ?ピザヌロークだけへでも追いかけて個人旅行で行きたいなあ!(でも、5月には100%、家を抜けれない!)

タイでの地方視察はとても新鮮で、驚きと興奮の連続した環境に身を置くことができる。

でもそれは、私が過去140日間タイへ滞在して、何の身体的トラブルも無く過ごせたから良い思い出として話せるのであって、もし万が一体調でも壊してしまったら、地方回りの旅は苦痛以外の何ものでもないだろう。そういう体調管理のプレッシャーがある。

私が次に渡タイする機会があったとして、常に体調が万全である保証はない。そういう意味では手放しで、羨ましいとばかり、言えない。

今、仮、私にオファーがあったとして、どうだろうと自問してみる。

今年の農作業、もうタイに行かないことを前提に年間計画を作って取り組みに着手している。
今これを見捨てては行けない。
やっと家族が落ち着きを持って各自の役割の中で動き始めている。昨年3月末に退職した連れ合いも、私と家事雑務の役割の分担をしながら、自分の経験が活かせる仕事に就いている。

去年の夏のように、何もかも捨て去る気持ちで、後ろも見ずに「エイ・ヤー」とばかりにタイの仕事に飛び込んだ時のような熱血漢的な気持ちは少し失せた。

~こんなことを考えていたらホントは何にも出来ないんだよな。~

世の中「死んだものが勝ち」という言い方がある。残された周りの者は大変だけど、死んでしまったらもう関係ないよ、という無責任的な表現だ。

これと同様「タイに行ったもの勝ち」、私の過去140日間はこれに尽きる思いだ。

向こうでの1人での暮らし、農作業から全て解放されて、まるで学生時代に戻ったかのような身軽な生活、ホントに捨てがたい。

でも私の場合、日本へ帰る度に、ギャップが拡大しているような気がしたもんだ。

ここから先、脚光を浴びるような大きな仕事はできないけれど、日々着実に地面に足をつけた生活がしたい。私も足掛け3年のタイとのご縁の中で、確実に3才歳をとったのかもしれません。

そして、間違いなく、家族も馬齢を3つ重ねている・・・
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-12 02:06

タイ古式マッサージ

毎日毎日の農作業。体は疲労のピーク。
心の底からタイ古式マッサージが恋しい。
バンコクでの勤務にはオン・オフがあった。

頭の中には常に切迫した「プレゼン・まとめ・報告書」を持っていたが、体的には拘束外の時間があったので、タイ古式マッサージをよく利用した。

はじめは、オーソドックスに、BTSで1駅のワット・ポー・スクンビット店に通った。
ここは日本語の分かるタイ人もしくは日本人が受け付けにいるので、どのコースをどの時間受けるか安心して利用できるお店。利用者も圧倒的に日本人が多い。土日は予約して行かないと待たされることがあるくらいの繁盛店。

でも、ひょんなことから、福山の人が経営していた居酒屋「たぬき」に通うようになり、そのビルのオーナーが経営しているタイ古式マッサージのお店「BEE」を紹介して貰い、その際、腰と背中と肩と首が特に凝っているのでそこを重点的に、と伝えて貰った。

BEEのマッサージがことの他、自分に合い、去年の9月、今年の1月、2月は殆どBEEのお世話になりました。

大体が2時間コース。料金は330バーツ。チップは100バーツが相場(1時間なら50バーツ)
。日本円換算だと料金が1000円強、チップが350円くらい。

タイ古式マッサージは日本のつぼマッサージとはちょっと違うような気がします。足を重点的にマッサージして血行をよくしてくれるような気がします。もちろん背中、肩、首も心地よいですが。

こんな気持ち良いマッサージを連れ合いや家族にプレゼント出来たらいいな、が動機でした。

今回の渡タイの日程の中で、上手く時間をやり繰りし、マッサージスクールへ通い修了証書を貰いました。ワットポー・スクンビット校の基本コース30時間です。
f0148649_21421559.jpg

どうです、いいでしょう!

でも、帰国して、2時間の時間が取れず、まだ誰にも施術出来ず、腕は鈍る一方。もちろん一番疲れている自分自身には使えないし(時々足を揉んでいますが)。

ワットポースクールでの訓練の様子は、続編で書きましょう!今回はここまで。
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-09 21:49

桜咲く!

大学入試の合格電報の定番「桜咲く」は、ひと昔前の話になりましたね。今ならメールでピュッ!でしょうかね。

ブログの背景が桜なので、桜にちなんだ話題をひとつ。

もうすぐ福田政権になって初めての国政選挙となる、衆議院山口第2選挙区補欠選挙が行われます。4月15日告示、27日投票です。第2選挙区というのは岩国を中心とする地域です。

民主党からは、現在比例代表で衆議院議員を務めている平岡さんが鞍替え出馬されます。自民党ももと官僚の山本さんを擁立されます。いま政治の主導権の一部が参議院での逆転劇から民主党に移ってきていると言っても過言ではありません。

一度政権交代を果たして、政治の裏側の膿を出すためにも、民主党の応援をお願いしたいものです。

ということで、この補選の告示日に、平岡さんが自動失職し、民主党中国地方の比例第4位だった私の元ボスが繰上げ当選します。

2年半前の郵政民営化解散総選挙の時、惜しくも落選しましたが、その前の選挙の時より2万票以上上乗せしていたことが、繰上げ当選に結びついたのでしょうから、あの時死にもの狂いで戦ったスタッフの苦労がやっと報われた・・・ということでしょうかね。

当時7人いた秘書も6人は別の世界に身を置いていますが、みんな少なからず「胸中感あり」だと思います。

でも、心からオメデトウを申しあげたい!
f0148649_2017166.jpg

[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-08 20:17

タイからメールが届いた

タイでお世話になった方からメールが届いた。一生懸命ローマ字を勉強されているようだ。

■件名 : konbanwa
■内容 :
konbabwa. watashiwavilavandesu. ogengidesuka.
sakurakaarimasuka. samuidesuka. thaiwaatsuidesu.

■日時 : 2008. 4. 6(日) 22:54
■名前 : vilavan

私はヤフー翻訳機を使って返信した。文章になっていなくてもゴメンなさいだ。
折り返しすぐに返すことのほうが重要だと思っていますので。

TO  vilavan sama

arigatou gozaimasu.(Thank you very much! ありがとうございます)

watasiwa genki desu.(I am Cheerful ! わたしは げんきです)

minasan ogenki desuka?(How are you? CPD staff well? みなさん おげんき
ですか)

sakura ga sakimasita.( A cherry tree bloomed さくらが さきました)

nihon wa haru desu.(Spring came Japan にほんは はるです )

        From Japan
         Katsunori Ishimoto

※ 桜の写真を1枚添付しました。
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-06 23:36

もう時効ですかね?

ブログの背景を変えたら、このブログ、復活してみたくなりました。

とりあえず、帰国して約1ヶ月もたったことだし、裏話でも書いてみますかね。

3月6日に帰国の途につきました。
このブログの2枚前(2日分前)に、概容を載せましたが、おかしいなと思われた人もおられたと思います。

朝5時半から散歩に行くかい!!

そうです、お別れゴルフに行きました。
タイで一番名門のタイカントリーへ連れて行ってあげようとのお誘いに、悩んだ末にお供しました。とても気忙しい最終日のことですから。

今から思えば、行って良かったです。

タイ・カントリークラブのロッカー№1はタイガーウッズの名誉ロッカーです。
f0148649_1512394.jpg

広々としたコース、とっても綺麗に整備されていました。
f0148649_1524554.jpg

朝早かったので朝日が大きく見えたのが印象的です。3月6日にもアップしましたが。
f0148649_154998.jpg

このコースのメンバーである、Mr.Yamashitaさん&、声をかけてくださったエイコさんに感謝です。
f0148649_1564452.jpg

今でもやっぱり懐かしいです。
[PR]
by 37tai37tai | 2008-04-05 15:07

カテゴリ

全体
山南いしもと農園
WinWin
活動です!
タイ徒然
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

お気に入りブログ

瀬戸内の小さな酒屋のいら...
備後ふるさと保命タウン(...

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧